オーストラリアンフットボールチーム R246ライオンズ

一般社団法人日本オーストラリアンフットボール協会のトップリーグ加盟チーム、R246ライオンズのブログです。大学生、大学院生、社会人が加入するクラブチームで、東京都・神奈川県を中心に活動しています。

6月2日(土)は、千葉ガーディアンズとの合同練習を行いました。
DSC_0303
キック→ターゲットへ
動きながらキック→ターゲットへ
キック→リードマークへ
動きながらキック→リードマークへ
と段階を踏みながら動きを複雑にしてトレーニングを行いました。

最後はディフェンスをつけてのマークゲームも行い、キッカーとリードのタイミングやキックするエリアの確認を行いました。

ライオンズは7月に大阪で行われるIMPACT Invitational Cupに出場し、夏~秋にかけてGOリーグの公式戦を行う予定です。

この時期にきちんと基本の動きを反復練習し、試合に向けてスキルレベルを上げていきます。
DSC_0306


5月27日(日)は、Aリーグの試合運営の補助があったため、会場の江戸川グラウンド近くのスペースでトレーニングを行いました。

千葉ガーディアンズに所属するプレイヤーも加わって、基本的なリードマークを中心に練習しました。

最近のライオンズはリードマークの練習を重点的に行っています。リードする角度やタイミングを工夫することでキッカーのプレッシャーが軽減され、高い確率でマークが成立します。リードやキックはプレイヤーによってクセがありますので、何度も練習し、タイミングを合わせることが重要です。

さらにディフェンスをつけてのトレーニングも行いました。こちらはリードとキッカーのタイミングに加えて、ディフェンダーの動きも要素に加わりますので、少し複雑になります。最後は2対2のシーンを作って難易度を上げました。

リードマークというプレーひとつとっても様々な段階があり、色々な要素のスキルが関わっています。1回の練習で、1か所でもステップアップしたという実感が持てるように、集中してトレーニングしていきたいです。

DSC_0297

5月12日(土)は、久しぶりにガーディアンズと、千葉での合同トレーニングでした。
いつも使っている千葉ポートパークのグラウンドが工事中だったため、急遽グラウンドを探し、千葉県立青葉の森公園でのトレーニングに変更しました。

トレーニンググラウンドの確保はどのチームでも課題となっています。こういった機会に選択肢を増やしておくのは大切です。

トレーニングは基本的なリードやキック、ハンドパスなどを、プレッシャーのかかる状況で行いました。DFのいないシーンでの正確なプレーとは違ったスキルになるので、より集中し、頻繁な声掛けも必要となります。
IMG_0284
グラウンドの外はきつい傾斜になっているため、キックミスが出ると坂を走ってボールを取りに行く必要があります。フィットネスのトレーニングも兼ねられる良い練習場が見つかりました!

先週は引き続き火・木曜日は等々力多目的グラウンドでの夜トレーニング、13日(日)はAリーグの試合運営補助と、その前に、川口の河川敷グラウンドでトレーニングを行いました。
32368850_2166635293363582_5482910964665810944_o
ライオンズは練習場所の移動も多く、苦労もありますが、日程や場所を工夫しながら良いトレーニングができています。

このページのトップヘ